#good #night

#good #night

aretokore:

Led Usb Fan Clock | The Gadget Flow
【過去写真】#good #night (第一ホテル東京 (Dai-ichi Hotel Tokyo))

【過去写真】#good #night (第一ホテル東京 (Dai-ichi Hotel Tokyo))

とあるネイティブアメリカンの老人が、小さな事業を始めるためにお金が必要だということで、銀行にお金を借りにいきました。

老人 『事業を始めたいんだ。すまんが、お金を少し貸してくれんかね』

銀行員『事業ですか。で、いったいどのくらいご入用ですか?』

老人 『$1000ほど貸してくれんかな?』

 銀行員は所定の用紙に、いつものように書き始めました。

銀行員『$1000ですね。おじいさん、それで担保になるものはお持ちですか?』

老人 『ん?担保とはなんだね?』

銀行員『担保は貸すお金の代わりになるだけの価値があるものの事ですよ。家や車はお持ちですか』

老人 『家はテントだからな。車は馬が引いとるやつがあるぞ』

 銀行員はため息をついて頭を振りました。

銀行員『じゃあ、家畜はどうです。馬なんかは飼っていませんか』

老人 『おお、いるとも。ちょうど全部歯が抜けた馬が一頭いるよ』

 などなど、いろいろすったもんだのあげく、老人はなんとか$1000を借りる事ができました。

 数ヶ月後、老人が銀行に現れます。その財布には大量の紙幣が入っていました。

老人 『おお、久しぶりじゃな。どれ、借りたものを返しにきたぞ』

 老人は金利分とそれから$1000を返しました。しっかりとお金を受け取った銀行員は、老人に尋ねました。

銀行員『おじいさん、余ったお金はどうするんですか?』

老人 『そうだな。家に帰って壷の中にでも入れておくよ』

銀行員『どうですか?うちの銀行に預金されるというのは』

老人 『預金?預金とはなんだね?』

銀行員『私どもの銀行にお金の管理を任せていただくという事です。お金を使いたい時にはいつでも引き出せますから』

 ネイティブアメリカンの老人は、カウンターに身を乗り出すようにして銀行員に尋ねた。

老人 『それであんたのとこにはどんな担保があるのかね?』

@nifty:為末大公式サイト「侍ハードラー」 - とあるインディアンの話 (via deltam) (via deepspeed) (via infinity-d) (via uessai-text) (via oharico) (via iyoupapa) (via nynyanynya) (via erewwa) (via nuremochi) (via rulebook) (via sayamst) (via ibi)

これは金融業の本質を突いている

(via zengame) (via luft2501) (via tksn) (via zaiga) (via tenkao) (via reretlet) (via starcatstar) (via myu65) (via rio-t) (via toyolina) (via 0shun) (via soramugi) 2010-07-26 (via gkojay) (via mitukiii) (via sho235711) (via korobix) (via ultramarine) (via tthmyyew) (via plasticdreams) (via ginzuna)

(via fishandmush) (via singsong) (via naha) (via nashiko) (via hustler4life) (via mnky) (via motomocomo) (via yamato) (via quote-over100notes-jp) (via hepton-rk) (via oatmealed) (via text-man) (via odakin) (via yasufumic) (via seriu-ghz) (via kamito) (via ctenolepisma) (via mizki9577)

(Source: ckings)

hiromitsu:

Untitled by urarin on Flickr.

hiromitsu:

Untitled by urarin on Flickr.

tinyclicks:

Overpassin’

tinyclicks:

Overpassin’